これから仮想通貨を始めてみたいという方へ

仮想通貨は本当に儲かるのか

通貨と仮想通貨

株やFXで利益を上げる仕組みはこれまで多くのメディア等で取り上げられているので想像がつきやすいかと思います。 仮想通貨もおそらく似たようなものなのだとは思いますが、具体的にどのような仕組みで利益を出すのでしょうか? また誰にでも簡単に始めることが可能なのでしょうか?

仮想通貨で儲けるとは?

テレビや新聞、雑誌などで度々取り上げられる仮想通貨ですが、一体普通の通貨とどう違うのでしょうか。
私自身もまったく詳しくないので気になって色々と調べてみました。
円やドルなど、私たちが毎日買い物で利用している通貨は国が発行し管理されている通貨で、紙幣や硬貨という実体のあるものになります。
これには電子マネーやポイントなどの代替通貨も含まれていて、現在の生活で利用しているサービスなどは基本的に国が管理する法定通貨で取引をしていることになります。
ここで疑問に思ったのが、仮想通貨もお金で買い商品を購入するのだから電子マネーと同じではないのか?ということです。
では仮想通貨とは一体何なのでしょうか?
ビットコインなどの仮想通貨の発行と管理は国ではなく、紙幣などの実体のないデジタルデータとなり主にインターネット上での利用となります。
国の管理下にないため、世界中で取引が可能です。
また電子マネーやポイント(代替通貨)は企業がサービスの利便性を高め利益を上げることを目的としているのに対し、仮想通貨は経済の円滑化が目的とのこと。
つまりこれらは似て非なるものということですね。
確かに仮想通貨が普及すれば実体のあるお金を持ち歩く必要もなくなるでしょうし、海外の商品を購入する際のレートなどを鑑みる必要がなくなるので便利そうではあります。
旅行会社や店舗でもビットコインが利用できるところが増えているようですし、海外旅行に行く際に必要だった外貨両替が不要になるのはメリットがありますね。
まったく新しい形の通貨が今後どのように普及していくのかとても楽しみです。

仮想通貨にリスクはあるの?

少額から始められ、スマートフォンなどで取引可能な手軽さで儲かる仮想通貨の魅力がわかってきました。 しかしその儲けの裏側にあるリスクのこともきちんと知っておきたいですよね。 株やFXにもリスクはつきものでしたが、仮想通貨にはどのようなリスクはあるのでしょうか?

失敗例や成功例が知りたい

メディア等で情報を見ていると、「大損したので二度とやらない」と嘆く人や、大成功して高級な時計や靴、スーツを身につけている若い人たちの様子が垣間見えます。 なぜ失敗したのか、そしてどのように成功することができたのか、体験者の例を見ていきましょう。

TOPへ戻る